【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。





エステティシャンのこと
エステティシャン、今すぐ
URL:http://www.dietacademy.jp/sikaku/


【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:200515

読者様は、
ダイエットの天敵といえば、何をイメージしますか?

ビールですか?油っこいものですか?スナック菓子ですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「ビールはダイエットのタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、ビールを飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
ビール自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、ビールを飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
ビールのあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、ビールのシメには、
ラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、ビールの影響です。
満腹なのに、腹が空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、ビールを飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
ビールを飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

ビールを飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
ダイエット中の飲酒も特に問題はないと思います。

ビールよりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。